傷を防ぐ!18レガリスLTにリールスタンドを装着してみた!

f:id:n-m-c-9311:20190205214221j:plain

どうも、みぃ~太郎です!

今回は「18レガリスLTにリールスタンドをつけてみた」という話です~。 

数少ないレガリスLT対応リールスタンドの中から、私が選んだ LPOTCH のリールスタンドを紹介します!

 

 LPOTCH を開封してみた!

まずは、今回買った LPOTCH のリールスタンドを開封していきたいと思います。

中国からの発送だったようで、届くまで一週間ぐらいかかりました。

f:id:n-m-c-9311:20190206185231j:plain

袋を開けると、さっそく本体あらわる!!

f:id:n-m-c-9311:20190206185239p:plain

付属品はシンプルにこれだけ。説明書などはついていません。

f:id:n-m-c-9311:20190206185247p:plain

ちなみに…パッケージには、シマノの17サハラの画像がありますが、対応しているのかはわかりませんでした…。

 

重量は重めの11g!

リールスタンドを取り付ける方の中には、重量の増加を気にされる方も多いと思います。

測ってみると重量は、11.0gでした。

f:id:n-m-c-9311:20190206185254j:plain

ちなみに、シマノ(夢屋)のアルミリールスタンドの重量は5.5g。約半分です。

f:id:n-m-c-9311:20190206185259p:plain

LPOTCHはかなり重いですね。

重量の違いは、どうやら構造上の違いから生まれているようです。

夢屋のリールスタンドは「中が空洞」ですが、LPOTCHは「アルミの塊を削っただけ」のような作りでした。

f:id:n-m-c-9311:20190206185319j:plain

 

LPOTCHの仕様・取り付け方

LPOTCHにはネジが2つ付いてきます。ピッチやサイズは不明です。

f:id:n-m-c-9311:20190206185309j:plain

ネジを変えるだけで、幅広いリールに対応できるというわけですね。

取り付けは「かさ」のようなパーツをスタンドとネジで挟んで取り付けます。

f:id:n-m-c-9311:20190206185314j:plain

リールを挟んでみると、下の写真みたいな順番で取り付けることになります。

f:id:n-m-c-9311:20190206185324p:plain

 

実際に取り付けてみた!

まず、ネジを入れていきます。

18レガリスLTは細い方のネジが合いました。

f:id:n-m-c-9311:20190206185357j:plain

ネジを入れたら「かさ」をかぶせます。

f:id:n-m-c-9311:20190206185401j:plain

その上からスタンドをねじ込んで完成!

f:id:n-m-c-9311:20190206185404j:plain

しかし回してみると、ハンドルが回転しなくなってしまいました。

どこかに干渉しているというよりも、「ガッツリくっついている」という感じです。

「かさ」の部分がリール側に押し付けられているようなので、ネジを外側に飛び出させる必要があるみたいですね。

そこで、もともとリールについていたパーツを移植することにしました。

下の写真の「ぎざぎざのワッシャー」と「黒いパーツ」を移植します。

f:id:n-m-c-9311:20190206185453p:plain

移植した様子が下の写真です。

f:id:n-m-c-9311:20190206185410p:plain

もう一度、組み直してみると、ネジと「かさ」の段差が減りました!

f:id:n-m-c-9311:20190206185501p:plain
f:id:n-m-c-9311:20190206185447j:plain

無事に干渉せずハンドルを回すことができました!

 

ハンドルを回すと少しブレる??

f:id:n-m-c-9311:20190206185434j:plain

LPOTCHを装着したレガリスのハンドルを回してみました!

やはり若干のブレがありますね~。

リールスタンドとして使っているうちに、もっとブレが出てきそうな気がします。

その辺は長期レビューが必要なので何とも言えませんが、今のところは可もなく不可もなくといった感じでしょうか。

見た目はそこそこカッコいいですけどね…。

f:id:n-m-c-9311:20190206185443j:plain
f:id:n-m-c-9311:20190206185438j:plain

 

ゴールドカラーの色合いについて

今回は18レガリスLTの色に合わせるために、ゴールドを選びました。

が…しかし、完璧に色は合いませんでしたね。

リールスタンドの方が、若干輝きが強いです。

レガリスのハンドルの方は上品な金色といった感じです。

f:id:n-m-c-9311:20190206185353j:plain

ガンメタの方が、色合い的に良かったかなぁと後悔しております。

 

まとめ

f:id:n-m-c-9311:20190206185422j:plain

今回は LPOTCH のリールスタンドを紹介しました。

重量もあり、色も合わず、少々ブレもある LPOTCH のリールスタンド。

性能面では不満が残りますが、供回りタイプのリールスタンドは、選べるほどの種類がないので仕方がないですね。

気になった方は、Amazonのリンクをはっておくので是非!

★関連記事:ダイワの低価格帯リールに対応しているリールスタンドの中で、現在購入できるもう一つの商品「モアバイツ ボディキーパー3」のまとめ記事も是非どうぞ!

www.uguing.net