川遊びには必須のアイテム!MPOW スマホ用防水ケースのレビュー!

f:id:n-m-c-9311:20180423223108j:plain

どうも、みぃ~太郎です!

だんだんと夏が近づいてきましたね~。といっても北海道は、今頃になってやっと桜が咲きだした感じです。でも、本州ではそんな時期はとっくに過ぎて、夏の雰囲気を感じる季節になってきているのですもんね。同じ日本でもぜんぜん違うもんですね~。

さて、夏も近づいてきたということで、釣りや川遊びをされる方も増えてくる季節になってきました。 そんな時にあると便利なのがスマホの防水ケースです。

今回は、Bluetoothイヤホン・ヘッドホンが有名な MPOW さんから提供していただいた、スマホ用防水ケースのレビューをしていきたいと思いますよ~。

 

スマホの防水ケースとは?

f:id:n-m-c-9311:20180426160324j:plain

まずは、スマホの防水ケースを使ったことのない方のために「スマホ用防水ケースとは何ぞや?」ということについて書いていきたいと思います。

いや、説明するまでもないか…。名前の通りですもんね。

みなさんが予想した通り、スマホを水から守るケースのことです。

いまどきのスマホはほとんど防水機能が搭載されていますが、防水ケースを使うことで、さらなる防水性を手に入れることができます。

防水スマホケースは落下対策・防塵性を高める効果もあり!

防水のスマホを使っておられる方の中には、防水ケースなんて必要ないよ!と思っている方も多いかもしれません。確かに、防水という点では今のスマートフォンは優秀ですよね~。

でも良く考えてみてください。もしスマートフォンを固いコンクリートの上に落下させてしまった時のことを…。

f:id:n-m-c-9311:20180426180952j:plain

川、海、その他水辺にはスマートフォンの天敵が沢山いますよね。石や、コンクリートの上などにスマホを落としたら間違いなく傷がつきます。細かい砂の上なんかも場合によっては故障の原因になりかねません。

防水ケースにスマホを入れるだけで、これらリスクを減らすことができるなら防水スマホでも使ってみるメリットもあるのではないでしょうか。

 

MPOW スマホ防水ケースの特徴!

防水保護等級IPX8認証済なので安心!

IPXとは電子機器の防水性能の等級のことで、0-8までの等級があります。

最高等級のIPX8となると、一定時間一定の水深に沈めても水が内部に侵入しないということ、そしてその状態で水中操作が可能な性能を表しているようです。

つまり、簡単に言うと水中に沈めても大丈夫ですよ~ってことです。最近のほとんどの防水ケースはIPX8に対応済みなので安心して使えますね!

スマホの出し入れもワンタッチで簡単!

f:id:n-m-c-9311:20180423223119j:plain

MPOWの防水ケースは、上の写真のようにクリップで水の侵入を防ぐタイプです。最近の防水スマホケースに多い仕様ですね。正直このタイプのスマホケースはどれも同じ感じだと思っていたのですが、MPOWの防水ケースは違いました。

f:id:n-m-c-9311:20180427005953j:plain

上の写真のように、クリップにはロックするための小さなツメが2つ付いているのですが、そのツメの動きのなめらかさが何とも言えない感じです。

ヌメッとロックされる感じで個人的には好きでした。無駄に何度もロック・解除を繰り返してしまいましたよ。(笑)

クリップの素材が光沢のあるプラスチックではなくて、ラバーみたいな素材だからでしょうかねぇ…。

MPOW スマホ防水ケースは2枚入り!

f:id:n-m-c-9311:20180423223112j:plain

なぜか防水スマホケースは2枚入りのことが多いんですよね〜。MPOWの防水ケースもご多分に漏れず2枚入りです。ストラップも2つ付いてきます。

ストラップは意外としっかりした作りで、簡単に切れたり、ほつれたりしてしまうようなものではありませんでした。

ワンタッチで着け外しができる金具の部分も、強い力がかかっても外れることはなさそうな感じでした。

f:id:n-m-c-9311:20180423223205j:plain

ユニバーサルサイズで色々なサイズのスマホに対応!

ケースのサイズはそれなりに大きめなので、ほとんどのスマホに対応しています。最大対応サイズは6インチまでだそうです。

ちなみにiPhoneSEを入れてみるとこんな感じ。

f:id:n-m-c-9311:20180423223135j:plain

かなり余分にスペースが余りますね。

f:id:n-m-c-9311:20180423223133j:plain

タッチ操作、ホームボタン利用可能!!

AmazonでMPOWのケースの説明を見ると「タッチ操作、ホームボタン利用可能」と書いてありました。え?もしかして指紋認証イケちゃうのかな??と期待していたのですが、残念なことに Touch IDには対応していませんでした。何度か試してみたんですけどね…ダメでしたねー。

さて、特徴はこんなところでしょうかね。次の部分では、実際に使ってみたレビューを書いていきたいと思います。

 

実際に使ってみた!

先日、私よく釣りに行く川の偵察に行ってきたので、その時にMPOWのスマホ防水ケースの実力を試してみました。

スマホをケースに入れて、川の中にIN!!

f:id:n-m-c-9311:20180423223141j:plain

完全に沈みましたね~。

残念ながら浮くタイプではないようです。

数分後、スマホ救出!

肝心の防水性能は…全く問題ありません!

f:id:n-m-c-9311:20180423223146j:plain

川底から救出したスマホをいじってみましたが、全くなにも変わらないです。

その状態で、写真を1枚 パシャっ!

f:id:n-m-c-9311:20180424124311j:plain

いかがでしょうか??上の写真がその時の写真です。

正直、言われなかったらケースに入れているなんて気づかないレベルですよね!

クリアなケースなので写真を撮る時にも画質が落ちないのが嬉しいです。もちろん水に沈めたあとは、カメラ付近の水滴をふき取ることは必須ですけどね。

あと、写真を撮った時に思ったのですが、ケース自体が薄くて軟らかめなので、音量ボタンや電源ボタンなど、物理ボタンがすごく押しやすかったです。

f:id:n-m-c-9311:20180426175412j:plain

今までのケースだと、ケースが分厚く写真を撮る時なんかは「物理ボタンでシャッターを切る」みたいなことができませんでした。

その点、MPOW スマホ防水ケースは、あたりまえのようにボタンを押せて快適でしたね~。

そんな感じで、かなり使いやすい防水ケースでした。

ただ1つ心配なのが、耐久性です。ケース部分が薄めなのでどれぐらい使えるのかは気になりますね~。その辺はもう少し使って、またレビューしたいと思います。 

まとめ

f:id:n-m-c-9311:20180423223207j:plain

いかがだったでしょうか。今回はMPOWのスマホ用防水ケースを紹介しました。今回はとりあえず使い心地なんかをレビューしました。耐久性などは、これから使ってみて追記していきたいと思います。

是非、この夏釣りや水遊びを計画されている方は、スマホ防水ケースを試してみてくださいね~。

それでは今回はこの辺で !(^^)/

 

★関連記事:Touch ID対応のケースの使用レビュー!

www.uguing.net