Uguing Life!

ウグイ好きのみぃ~太郎が色々な角度からウグイの魅力を発信します!

ワカサギ釣りの外道!ウグイとワカサギの違い、見分け方をまとめました!

f:id:n-m-c-9311:20180212102502j:plain

どうも、ウグイ大好き、みぃ~太郎です!

ウグイはワカサギ釣りの外道としてよく釣れる魚です。

慣れてくれば、一瞬で見分けられるのですが、私も釣りを始めたばかりのころは全く見分けられませんでした。

細くて銀色の魚が釣れたら、それは全部ワカサギだと思っていました。(笑)

もしかしたら、その当時ウグイのてんぷらを食べて、めちゃくちゃ美味しいっ!!と言っていた可能性すらあります。(笑)

こうして、並べると結構違う魚に見えるんですが、現場だと意外とそっくりに見えるんですよ。

f:id:n-m-c-9311:20180212102659j:plain

皆さんには、ワカサギとウグイを間違えて食べる事件をおこしてほしくない!!(笑)

それで、今日はウグイとワカサギの見分け方をまとめてみました。

 

見分け方1 うろこの大きさと色

ウグイとワカサギは、うろこの大きさで見分けることができます。

同じサイズで比べてみると、ワカサギの方がうろこが大きいです。

f:id:n-m-c-9311:20180212102730j:plain

また、体の色でも見分けることができます。

ワカサギはピカピカした銀色、ウグイは鉛色または、深い緑色のような色をしています。

 

見分け方2 体の透明度

体の透明度でも見分けることができます。

▼ワカサギは体が透き通っています。

f:id:n-m-c-9311:20180212184421j:plain

▼ウグイの体は透明ではありません。

f:id:n-m-c-9311:20180212103540j:plain

ピカピカしていて体が透き通っていたらワカサギで、イマイチ輝きがない…なんか綺麗な色じゃない…と思ったら、それはウグイかも知れません!(^^)

 

見分け方3 体の硬さ

ワカサギを食べた事のある方ならわかると思いますが、ワカサギはすごく柔らかい体をした魚です。

そのため、釣れたワカサギを針から外すのに、下のような道具に針に掛かったワカサギを通すだけで針を外すことができます。

ウグイは皮が頑丈なので、針から外れにくいです。無理に引っ張って外そうとすると針が伸びてしまうこともしばしば…。

 

見分け方4 脂鰭(アブラビレ)の有無

アブラビレとは魚の背中側にある、背びれと尾びれの間にあるヒレのことです。

この、アブラビレが有るか無いかによって、ウグイとワカサギを見分けることができます。

下の写真では確認しずらいかもしれませんが、ワカサギにはアブラビレがあります。

f:id:n-m-c-9311:20180212103957j:plain

逆に、ウグイにはアブラビレはありません。

ウグイとワカサギを見分けるのに一番確実なのが、アブラビレの有無を見るこの方法だと思います。

 

番外編 ニオイ ウグイは臭いです!

f:id:n-m-c-9311:20180212111756j:plain

ウグイ独特の臭いがあり、すごくぬるぬるしています。

ワカサギもニオイはありますが、ウグイと比べるとマシです。

ニオイは見分けるのにはあまり役に立たないと思いますが、もし釣れた魚がウグイだと思ったら、ニオイを嗅いで見てください。

たとえ、凍ってもニオイますからね!(笑)

 

まとめ

今日は、ウグイとワカサギの見分け方をまとめてみました。大きな魚が釣れると嬉しいですが、実は、ワカサギではなくウグイである可能性があるので、ワカサギ釣りの際には是非参考にしてくださいね!

 

★関連記事:ウグイとワカサギ、食べても違いがはっきりわかります!

www.uguing.net

★関連記事:ウグイの特徴についてはコチラ!

www.uguing.net